教科別授業の進め方~数学~

論理的思考を高める指導

個別指導塾で行っている数学の指導方法は、生徒に公式など解法パターンを覚えさせることをメインに行っています。しかし公式だけ覚えていても、実際のテストで使いこなせなければ意味がないので、公式を覚えると同時に論理的思考を高めるような指導も行っていることが多いです。個別指導塾は集団塾とは違って、生徒一人一人にじっくり対応することができるので、生徒の苦手分野にしっかり対応することができます。数学があまり得意でない生徒に対しては、苦手意識をもたないように反復学習を中心に解法に慣れるまで何度でも指導を行います。逆に数学が得意な生徒には、さらに数学の能力が伸びるように、その生徒に合った教材や資料を用意しているところが多いです。

個別指導塾の数学の指導はどんな目的で利用されているか?

個別指導塾の数学の指導は、ただ数学が苦手だから指導してもらいたいという目的以外に、さまざまな目的で利用されることがあります。例えば医学部の受験対策や2次試験対策、センター試験対策などです。このような大学受験の目的で指導を受けたいと考えている生徒を指導する場合は、それなりの対策が必要です。まずは目標を達成するにはどのような勉強方法で進めたらいいのか計画を立てることがポイントになります。ただしどんなに万全に計画を立てたとしても、計画通りに勉強が進まないこともあるので、柔軟に対応することが大切です。また大学受験の場合は、数学だけでなく他の教科の勉強も行わなければならないので、他の教科の勉強を考慮することがポイントであるといえます。

高校で学ぶ科目の殆どは、中学の内容が基礎になっています。中高一貫の塾は中学から高校まで一気通貫のカリキュラムで、段階的に無理なく学力が向上するように設計されています。早い段階から利用する方が得策です。